top of page

デジタル社会の未来シナリオ

不確実なデジタル社会の未来シナリオを​バックキャスティングで描く

日本総研との共同制作。未来洞察手法を用いたシナリオプランニングで、デジタル技術が社会に実装された未来をスペキュラティブに描いています。

ダウンロードして全ページをご覧頂けます↓↓

digi_1.png
共同研究・開発
大きなインパクトをもたらす20のデジタル社会の未来像

人工知能、AR/VR、ビッグデータ、ブロックチェーン、ロボティクス、プラットフォームビジネス、サブスクリプション……デジタル・テクノロジーそのものや、それらを活用したビジネスモデルの研究・社会実装が進み、デジタルが社会のあらゆる部分に組み込まれた「デジタル後の社会」が訪れようとしています。
「デジタル後の社会」とは、どのような社会になるのでしょうか?日本総研が収集したニュース記事や論文等約500のファクト情報を元に、消費者の価値観変化・意識変化に特に着目し、未来洞察手法を用いてバックキャスティングで未来の社会を描き出したのが「デジタル社会の未来シナリオ」です。このシナリオでは、発生するかどうかわからないが、もし発生したら大きなインパクトとなる20の社会像を描いています。
どんな未来であっても、そこにあるべき自身の姿を描き、実現する物語を創造していくために。デジタル後の未来へ、時を超えた空想の旅へとお連れしましょう。

事例紹介ページで見る >

bottom of page